のし無しの内祝いはあり? のしのマナーをご紹介

のし無しの内祝いはあり? のしのマナーをご紹介

お祝いのプレゼントをいただくと、カジュアルなケースではラッピングにリボンがかかっていることがあると思います。内祝いの場合、果たしてのしは必要ないのか確認していきましょう。

そもそも「のし」って何?

内祝いで当たり前のように使っている「のし」。そもそもどんな由来や意味があるのでしょうか? それぞれ見ていきましょう。

「のし」とは

「のし」とはアワビを細く薄く切って、叩いて伸ばして乾燥させた保存食のことです。のし紙の右上に付いている飾りの中の小さな黄色いものが保存食である「のし」を現しています。かつて縁起物や長寿の象徴として祝い事の贈り物などにこの「のし」が添えられていました。それが「のし紙」に描かれるようになり、今では「のし紙」のことも「のし」と呼ばれることが増えています。

外のしと内のしの違い

外のしと内のしの違いは、商品の上にのしを掛けてから包装紙をするか、包装紙をかけた後にのしを掛けるかという一点。外側にのしがあるのが外のし、内側に隠れて見えないのが内のしで、内祝いでは内のしが一般的です。また、配送の場合はのしがやぶけにくいことから内のしが好まれます。

のしの書き方・水引の結び方

のしの書き方や水引の結び方にはルールがあります。間違えると相手への失礼となっていまいますのでしっかりと確認しておきましょう。

のしの書き方

水引の上段に表書きを記入します。表書きは「内祝」「寿」など贈る目的を記入します。水引の下段には名入れをします。ここには贈り主の名前を記入します。連盟の場合は、3人までは名前を書き、4人以上は代表者の名前と「〇〇一同」と書きます。

水引の結び方

水引の結び方には大きく分けて2種類あります。出産や七五三、お歳暮など何度祝ってもよいケースでは蝶結び(花結び)、一度だけの方がよい結婚などでは結び切りが使われます。

シーン別 のしのマナー

のしの結びは、内祝いのシーンによって異なります。結婚内祝いの場合と出産内祝いの場合それぞれで見ていきましょう。

結婚内祝いの場合

結婚内祝いの場合の水引は、固く結ばれており解くのが難しい結び方である「結び切り」が一般的。これには「繰り返すことのないように」や「一度で終わる」という願いが込められています。表書きは、水引の冗談に「内祝」「寿」、下段に本人たち2人のそれぞれの家の姓または結婚後の姓を書きます

出産内祝いの場合

出産内祝いは何度あってもよい祝い事です。この場合の水引は、解くのが難しい「結び切り」ではなく蝶結びが一般的。ほどけやすいことから、何度あってもよいことを連想させるからです。表書きは、水引の上段に「内祝」、下段に赤ちゃんの名前を書きます。

のし無しのお祝いをいただいた場合の内祝いについて

のし無しのお祝いというのは、同僚や友達からいただくカジュアルなプレゼントではあり得るかもしれません。その場合どういった対応をすればよいのか見ていきましょう。

のし無しのお祝いをいただいたときは内祝いを贈らなくていい?

のし無しのお祝いだからといって内祝いを贈らなくてよいとはなりません。もともと内祝いはお祝いをいただかなくても贈るもの。お祝いをもらったら、いただいた品物や金額の2分の1から3分の1程度の金額の品物をお贈りするのが基本となります。

のし無しのお祝いをいただいても、内祝いにはのしを付ける

のし無しのお祝いというのは、カジュアルスタイルの贈り物にはあり得ますが、内祝いはマナーにのっとる必要があります。しっかりとのしを付けてお贈りしましょう。

内祝いである以上マナーを守って贈る

親しい間柄の友達などからは、時としてのし無しのお祝いをいただくこともあると思います。リボン付きのお祝いは見た目にもかわいく、受け取る側としてはうれしいもの。だからといってリボン付きのギフトをお贈りするのでは「内祝い」とは呼べません。マナーを守って内祝いを贈ることで相手との関係もより深まることでしょう。

おすすめ内祝い関連情報はこちら

内祝いとは?内祝いの意味や種類、お返しとの違いのサムネイル

内祝いとは?内祝いの意味や種類、お返しとの違い

「内祝い」と聞いても、経験がなくピンとこない人が多いかもしれません。しかし結婚や出産といった節目に大きく関係してくるため、基礎知識をしっかり押さえておくことが大切。まずは内祝いの意味から紐解いていきましょう。

感謝の気持ちを込めたお返しをするために|出産祝いのお返しの基本のサムネイル

感謝の気持ちを込めたお返しをするために|出産祝いのお返しの基本

赤ちゃんの誕生を祝福する出産祝い。そのお返しは、感謝の気持ちを込めて贈りたいものです。出産後はさまざまなイベントが続き忙しいですが、お返しが遅れてしまうことは避けたいですね。妊娠中から準備して、気持ちよくお返しができるようにしましょう。

結婚祝いのお返しを気持ちよく贈るためのポイントのサムネイル

結婚祝いのお返しを気持ちよく贈るためのポイント

結婚式に新婚旅行、そして新居選び。結婚すると同時にさまざまなことを決めていかなければなりませんよね。結婚祝いのお返しもその1つです。結婚祝いのお返しを気持ちよく贈るために知っておきたい事柄を見ていきましょう。

意外と知らない!結婚内祝いの、のしの書き方マナーとは?のサムネイル

意外と知らない!結婚内祝いの、のしの書き方マナーとは?

結婚祝いをいただいたら、そのお礼として「結婚内祝い」を贈りましょう。その際事前にチェックしておきたいのが、のしの書き方やマナーについて。品物を贈ったあとに「アレで大丈夫だったかな?」と不安になることがないように、しっかり基礎知識を学んでおくことがポイントです。

内祝いに必要な「のし(熨斗)」とは?のしのマナーをご紹介のサムネイル

内祝いに必要な「のし(熨斗)」とは?のしのマナーをご紹介

「のし(熨斗)」というと、「贈答品などを包む用紙」をイメージする方が多いかもしれません。「のし」そのものは、「のし紙」の右上に描かれている飾りの中の黄色い部分。のしが「のし紙」に描かれているのにはもちろん理由がありますし、「のし紙」の「水引(飾り紐)」とその結び方、色にも意味があり、用途によっても使い方やマナーはさまざまです。のしの使い方やマナーについて見ていきましょう。

出産内祝いの「のし(熨斗)」、書き方やかけ方はどうすればいい?のサムネイル

出産内祝いの「のし(熨斗)」、書き方やかけ方はどうすればいい?

「のし(のし紙)」には多くの種類があり、「水引」という飾りひもの色や結び方にもさまざまな種類があります。それぞれに意味があり、使い方を間違えてしまうと先様に失礼なことになってしまう場合も。名前の書き方などにも作法がありますので、作法にのっとって書きましょう。