初節句祝い

お祝い金などに添えられる、
お子様向けのギフトやご家族向けの食べ物・グルメを取り揃えております。
オリジナルメッセージカードと一緒にぜひご利用ください。

初節句祝いの人気カテゴリ

担当者のおすすめ初節句祝い商品

価格帯別ランキング

充実のギフトサービス

カテゴリーから探す

初節句祝いの基礎知識

赤ちゃんが生まれて初めて迎えるお節句は特別なもの。とくに、祖父祖母は、かわいい孫のために何かをしてあげたいと思うものです。ここでは、初節句祝いについて、お祝いの相場やおすすめのプレゼント、ご祝儀袋やのし紙の選び方や書き方など、押さえておいた方がいい基礎知識をご紹介します。

初節句とは?

季節の変わり目などに行う祝いの日を節句といいます。3月3日の桃の節句と5月5日の端午の節句が知られていますが、1月7日は七草の節句、7月7日は七夕の節句、9月9日は重陽の節句といわれ、昔から大切な年中行事として人々に親しまれてきました。
桃の節句は女の子の、端午の節句は男の子の成長を祈願するものとして大切にする人が多く、とくに赤ちゃんが生まれてから最初に迎える桃の節句(女の子の場合)と端午の節句(男の子の場合)は、初節句として盛大にお祝いされます。

桃の節句の由来

桃の節句は上巳の祓いともいい、かつては紙や藁で作った人形に自身の厄を移して川に流していました。そのうち、紙や藁で作った人形は女の子がひいな遊びに使う着飾った人形に取って変わられ、江戸時代には人形を川に流さずに家に飾り、女の子の無事を願う行事として定着しました。

端午の節句の由来

端午の節句はもともと菖蒲湯に入ったり、軒先に菖蒲を吊るしたりすることで、邪気を払う行事でした。それが鎌倉時代になると菖蒲が尚武(武術を重んじること)に通じるとされ、次第に男の子の健康を祝うものへと変わっていったとされます。

初節句のしきたりは?飾るものは?

3月3日の桃の節句には女の子がいる家ではひな人形や桃の花を、5月5日の端午の節句には男の子がいる家では五月人形やこいのぼり、菖蒲の花などを飾ってお祝いをします。
ひな人形は7段15人飾りが一般的ですが、住宅事情に合わせて小さくしても構いません。ただし、奇数段になるように気をつけます。
5月人形はかつては3段飾りが一般的でしたが、最近ではコンパクトなものが主流になっています。鎧兜の他、歴史上の英雄や豪傑などの人形を飾ることもあります。

初節句の人形は誰が、いつ贈るの?

節句を祝う人形などは、初節句の際に母方の実家が贈るのがならわしです。とはいえ、最近では誰が用意するということにはこだわらず、両家で話し合って決めるケースも少なくありません。ふたりで用意する、両家の実家が折半するなど、みんなが納得できる方法を選びましょう。
節句の人形は1〜2週間前に飾るのが習わし。初節句の場合は1カ月前くらいから飾るので、贈る場合は初節句の1カ月前には届くように手配したいものです。

初節句祝いにはどんなことをするの?

初節句では祖父祖母やおじおばなど身近な人たちを招き、お祝いの会食を行うのが一般的です。人形やお祝い品などは、その際にみんなに披露します。おもてなし料理は桃の節句ではちらしずしとはまぐりの吸物が定番。ひな段には白酒を供えます。端午の節句では特に決まったものはありませんが、柏餅やちまきを供えます。

生まれ時期によって初節句は変わるの?

2月生まれの女の子や4月生まれの男の子は、初節句まで時間がありません。このような場合は、初節句を翌年に行っても問題ありません。いつ行うかについては、パパママだけで決めるのではなく、両家の祖父祖母とも相談し、決めるといいでしょう。

初節句のお祝いは?金額相場はどれくらい?

初節句祝いは祖父祖母の場合、人形を贈ることが多いようです。この場合、人形そのものを贈るケースと、現金を渡して好きな人形を買ってもらうケースがあります。また、一方の実家で負担するのではなく、両家で負担し合うケースも。ちなみに、人形の価格はひな人形で5万〜30万円、五月人形で3万〜20万円、こいのぼりで1万〜10万円。なお、どちらか一方の実家が人形を購入する場合、両家でお祝い金の額が極端に異ならないように、注意した方がいいでしょう。人形を購入しない場合は、お祝いは現金で贈っても、品物で贈っても、どちらでも構いません。

祖父祖母 5万〜20万円
おじおば 5000〜1万円
友人 3000〜5000円

初節句祝いのご祝儀袋やのし紙の選び方・書き方

初節句祝いで現金を贈る場合はご祝儀袋に入れます。ご祝儀袋はのしと、赤白の蝶結び(花結び)の水引が飾られたものを選びます。水引の本数は慶事の場合は5、7、9本が一般的。5万円以上の高額を包む場合は7本、1万円以下であればのしや水引が印刷されているもので良いでしょう。
表書きは「御祝」または「初節句御祝」などとします。用途がはっきりしていれば、「御 雛様料」としても。ちなみに、縁起を担ぐ人は表書きの4文字を嫌うこともあるので、「御」の下に1文字分空白をいれるといいでしょう。贈り主の氏名は下段に筆または筆ペンで書き入れます。

品物を贈る場合は、のしと水引が印刷されたのし紙を掛けます。水引や表書きはご祝儀袋と同様です。のし紙は包装紙の下に掛ける内のしと、包装紙の上に掛ける外のしがあります。どちらを選んでも構いませんが、配送する場合は、内のしにした方が汚損の心配がありません。

初節句祝いの選び方

ひな人形や五月人形、こいのぼりを贈る場合は、勝手に選ばずに、事前にパパママの意向を確認した方がいいでしょう。よかれと思って大きく立派なものを贈っても、贈られた方は持て余してしまうかもしれません。
人形以外の品物なら、赤ちゃんの洋服やおもちゃ、絵本など、赤ちゃんに関するものがおすすめです。身に着けるものを贈る際は、少し大きめのものを選ぶといいでしょう。お祝いの会食に招待されている際は、事前に相談をして、その場で食べられるデコレーションケーキやお菓子、フルーツなどを持って行っても良いでしょう。
ちなみに、初節句祝いの内祝い(お返し)は、会食に招待した場合は基本的には不要とされています。

マナー監修

岩下宣子さん マナーデザイナー

「現代礼法研究所」主宰。NPOマナー教育サポート協会理事・相談役。全日本作法会の内田宗輝氏、小笠原流・小笠原清信氏のもとでマナーや作法を学び、マナーデザイナーとして独立。企業や学校、公共団体などで指導や講演会を行うほか、多数の著作も手掛ける。

初節句祝いのマナー関連記事

世界にたったひとつ!『ゼクシィ』『ゼクシィBaby』の表紙になれるカタログ式ギフト

世界にたったひとつ!『ゼクシィ』『ゼクシィBaby』の表紙になれるカタログ式ギフト

ページトップへ