チェックしておきたい出産内祝いの基本

チェックしておきたい出産内祝いの基本

出産内祝いは、赤ちゃんの誕生を祝ってくれた方々にお礼の気持ちを伝えるのはもちろん、赤ちゃんを紹介する大切な機会です。マナーを踏まえ喜んでもらえる出産内祝いになるようにしましょう。

絶対に知っておきたい! 出産内祝いのマナー

出産内祝いは特別な贈り物です。贈る時期や贈り方などを丁寧にチェックしながら進めましょう。

贈る時期

内祝いを贈る時期は、赤ちゃんが生まれてから1カ月になるお宮参りの頃とされています。遅くても生後2カ月までには贈りましょう。ただ出産直後は何かと忙しいもの。もし時期が過ぎてしまったら「遅くなりました」とメッセージを添えて赤ちゃんの成長の様子も伝えるとよいでしょう。

出産内祝いの贈り方

出産祝いをいただいた方々に直接会ってお礼を述べ、内祝いの品物を渡すと誠意は通じます。しかし、多忙だったり遠方に住んでいたりする方もいて、お伺いするタイミングがとれないこともあります。こんなときは郵送にするとよいでしょう。訪ねていくと、かえって先方を恐縮させてしまうことがあります。ご自宅に配送する方が喜んでもらえることもあります。

出産内祝いの金額

出産内祝いの金額は、いただいたお祝いの2分の1から3分の1の金額が基本となります。お祝いをいただいた人との関係性によっても金額が異なるので注意しましょう。目上の人から高額なお祝いをもらった場合は、3分の1よりも少ない額とすることもあります。

出産内祝いののしについて

出産内祝いののしには、包装紙の外側にかける「外のし」と品物の上にかけて包装紙で包む「内のし」があります。内祝いにはのしが必須ですが、友人や兄弟など親しい人に贈る場合はのしをかけず、カジュアルなラッピングでも問題ありません。

のしのかけ方は内のし? 外のし?

内のしにするか、外のしにするかについて厳密なルールはありません。出産内祝いは控えめな印象を与えた方が好ましいとされているため内のしにするのが一般的です。

のしの表書き

のしは水引の上部に「内祝い」、下部に赤ちゃんの名前を書きます。赤ちゃんの名前は、ふりがなをつければ覚えてもらいやすく丁寧になります。

のしの水引は蝶結び

のしは水引によって意味合いが異なってきます。出産内祝いは「蝶結び」を選びます。「蝶結び」は何度も結び直せるという意味から「何度繰り返してもうれしいこと」に使われます。

出産内祝いのお礼状の書き方

出産内祝いのお礼状には書き方のルールがいくつかあります。それぞれしっかり確認してから書き始めましょう。

お礼状の構成内容

お礼状の文章の構成は(1)いただいた品物への感謝(2)赤ちゃんの名前(読み方)、性別、名前の由来など(3)母子の様子(4)今後のお付き合いや指導へのお願い、相手の健康を気遣う言葉などで締めくくります。内容は受け取る相手の気持ちや状況に配慮し、「お返し」という言葉は避けましょう。「もらったから返す」という義務的なニュアンスが強くなってしまいかねません。文面には贈り物をいただいたことへの感謝の気持ちを表します。

お礼状を出すタイミング

お礼状を出すタイミングは、お祝いをいただいてから3日以内が基本です。メールは親しい友人との間でしたら理解を得られるかもしれませんが、あまり快く思わない方も中にはいらっしゃるかもしれません。慎重に判断しましょう。

お礼状の便箋と封筒

お礼状は白い便箋に黒かブルーのインクで書きます。封筒は白の無地を用い、差出人は夫婦連名。封は糊付けで、封字は「〆」「締」「封」と書きましょう。

出産内祝いを贈るときの注意点(対処法)

出産内祝いを贈るときには注意すべきいくつかのポイントがあります。注意すべきポイントを押さえて、出産内祝いを贈りましょう。

出産祝いをいただいたらすぐにお礼を伝える

出産祝いをいただいたら、内祝いの品を贈る前に電話かお礼状で感謝の気持ちを伝えましょう。できるだけ早くお礼状を出した方がよいのですが、お祝いをいただいてから3日を過ぎそうな場合は、まず電話でお礼を伝えましょう。

贈り漏れがないようにする

出産内祝いの贈り漏れがないように注意しましょう。出産直後は赤ちゃんのお世話などで忙しくなります。妊娠中に出産祝いをいただけそうな方の名前や住所をあらかじめチェックするのはもちろん、内祝いに贈る商品を選んでおいて商品名や金額を一覧表にしておくと便利です。

贈る時期が遅れないようにする

お祝い事にはタイミングがあります。出産内祝いは遅くても2カ月以内に贈るのが望ましいとされています。万が一、タイミングが過ぎてしまったら「遅れてしまいました」とメッセージを添えて赤ちゃんの成長ぶりが伝わるような文面にするとよいでしょう。

地域の慣習をチェックする

内祝いを贈る際、地域の慣習をチェックするのもポイントの一つです。その地域独特の伝統やしきたりが根付いていることがあります。贈る相手や時期、金額の相場、お礼状の内容などについてパートナーや両親と相談しておきましょう。

出産内祝いギフトを選ぶコツ

出産祝いをいただいたら、さっそく内祝いを贈ります。大切なのは感謝の気持ちが伝わることです。相手にとっても「うれしかった」と思ってもらえる品物を選びたいものです。

贈る相手の好みなどを確認する

事前に贈る相手の好みをさりげなく調べておきましょう。お付き合いが浅く分からないようであれば、パートナーや双方の両親らと相談し、相手の好み、趣味、ライフスタイルなどを確認するとよいでしょう。

いただいたお祝いよりも高価なもの・安価すぎるものは選ばない

内祝いは、いただいたお祝いの2分の1から3分の1の金額が目安です。お祝いと比べて、高くもなく安くもないものを選びます。一般的に内祝いは、兄弟・姉妹が3000から10000円、親戚は5000から10000円、友人は3000から5000円が相場だといわれています。ただし、高額な出産祝いをいただくこともあります。このような場合の多くは「生活を支援したい」という願いが込められています。必ずしも内祝いの目安にこだわる必要はありません。これまでのお付き合いの程度や今後はどうなのかなどを考えて検討したらよいでしょう。

贈らないほうがよい出産内祝いギフト

出産内祝いに限らず、贈り物は相手に喜んでもらいたいものです。贈り物によっては柔軟なとらえ方をする人もいらっしゃいますが、あまり快く思わない方も中にはいらっしゃるかもしれません。相手に不快な思いをさせないよう気をつけましょう。

日本茶

日本茶は弔事で用いられることが多いため、お祝い事の贈り物では避けます。飲み物を選びたいのなら、紅茶やコーヒーのギフトセットにするなどの配慮をしましょう。

刃物

刃物は「縁を切る」ということを連想させることから贈り物には不向きだとされています。ただし「未来を切り拓く」という意味でとらえ、あえて用いる地方もあるようです。贈る相手の地域の慣習などをしっかりと踏まえて検討しましょう。

肌着

内祝いに肌着を選んでしまうと「着る物にも困るほど生活が苦しいのでは?」と思われていると受け取られてしまいかねません。靴や靴下などの履物も「踏みつける」とイメージされてしまう可能性があります。

贈られた人が困ってしまうかもしれない出産内祝いギフト

贈り物は誰にでも喜んでほしいものです。ただし、自分の趣味や好みを押し付けるような形になってしまい、受け取る相手が扱いに困ってしまう品物は避けたいものです。

赤ちゃんの名前が入ったギフト

赤ちゃんの名前を入れた贈り物は、それぞれの両親など身内の方に喜んでもらえるでしょう。しかし、知人や友人の場合、よその子どもの名前が入った品物をもらっても扱いに困ってしまうこともあるかもしれません。

好みに合わないギフト

嫌いな食べ物や独特のデザインで趣味に合わない雑貨などをもらっても困ってしまいます。内祝いを贈る相手の趣味や好みを把握して選びましょう。

賞味期限が短い食べ物

賞味期限の短い食べ物も注意が必要です。贈る相手が旅行や出張などで長く家を留守にしている場合もあります。食べようと思ったときには賞味期限が切れていたということにもなりかねません。

定番のおすすめ出産内祝いギフト

出産内祝いに何を選んだらよいのか迷うようでしたら、定番ともいえるおすすめ・人気のギフトを選んではいかがでしょうか。相手が家族の場合、家族で楽しむことができて、日持ちのする食べ物、目上の方や独身の方には高級感があり実用的なものが贈られることが多いようです。

お米

銘柄米は縁起がよいものです。普段はちょっと手が出しにくい高級品を贈ると喜ばれます。また、赤ちゃんの名前をパッケージに入れられるギフトもあり、親しい人に贈るのにうってつけです。

ビール

ビールはお酒の好きな方の多くに喜ばれます。賞味期限が長く、たくさんあっても困ることはありません。相手の好きな銘柄を贈るとより印象深い内祝いギフトとなるでしょう。

タオル

日用品の中でも高級感のあるブランドタオルは人気の高い定番ギフト。自宅に何枚あっても困らないことから、おすすめの品です。使いやすいようにシンプルなデザインのものを選ぶと喜ばれるでしょう。

フォトフレーム

出産内祝いの代表的なアイテムの一つです。最近はインテリアとしてもすぐれたデザイン性を発揮しているものも多く、種類や用途も豊富です。普段自分では頻繁に買うことのないものを贈ることで、特別な内祝いになるでしょう。

おすすめ!出産内祝いで人気のギフト

出産内祝いに何を贈ればいいか迷ってしまうこともあるかもしれません。ここでは、おすすめ内祝いギフトを紹介します。ぜひ参考にしてみてください。

出産内祝いの人気ギフト5選

●日本橋 千疋屋総本店 ピュアフルーツジェリー(14個入り) 5,400円 (税込)

リンゴの王様ふじ、芳醇な香りの白桃、さわやかな味わいの伊予柑、滑らかな舌触りのラ・フランス、酸味と甘みが絶妙なさくらんぼ、コクのある味わいのピオーネ。果物の個性とおいしさをフルーツジェリーとして閉じ込めました。箱を開けた瞬間目に飛び込んでくるジェリーの色合いは、まるで宝石のよう。

●ひととえ キュートセレクション(11個入り) 1,080円 (税込)

バラエティーに富んだ内容とビジュアルはまさにギフトにぴったり。スティック状のケーキは食べやすさでも人気を集めています。贈る相手を選ばず幅広い層の方々に喜んでいただけるギフトです。

●HENRI CHARPENTIER タルト・フリュイ・アソートM 春夏用 4,320円 (税込)

人気の焼菓子4種を詰め合わせました。風味豊かなフルーツを贅沢に使った見た目にも豪華なタルト・フリュイ、定番のフィナンシェ、マドレーヌ、クレーム・ビスキュイと多彩な味を楽しめます。ティータイムにぴったりなおしゃれなお菓子の数々。職場の人にも喜ばれるバラエティー豊かなセットです。

●カタログ式ギフト サンクス Mimosa Yellow・ミモザイエロー 5,280円 (税込)

贈る相手の方に好きなものを選んでもらえるカタログ式ギフト。雑貨約1730点、グルメ約250点など、雑貨・グルメ・体験型ギフトが豊富にラインナップされているので、相手の方は自身のライフスタイルに合ったチョイスが可能に。幅広い世代の方にお喜びいただけるギフトです。

●ひととえ キュートセレクション(23個入り) 1,620円 (税込)

カラフルなスティックケーキとプチクッキーを一箱に集めました。「キュート」の名の通りとってもかわいい見た目です。スティックケーキとプチクッキーはそれぞれいろんな種類がラインナップ。多彩なおいしさを味わえます。

おすすめ内祝い関連情報はこちら

出産内祝いに人気のギフトをご紹介!のサムネイル

出産内祝いに人気のギフトをご紹介!

出産祝いをくださった方々には感謝の気持ちを込めて内祝いを贈りたいもの。いざというとき悩まなくてよいように、今回は人気の出産内祝いギフトをご紹介します。ぜひご参考にしてください。

出産内祝いのメッセージはどうやって書けばいいの ?のサムネイル

出産内祝いのメッセージはどうやって書けばいいの ?

出産内祝いのメッセージは、お祝いをいただいたことへの感謝や出産の喜び、生まれてきた赤ちゃんの名前や近況など伝えることが数多くあるもの。出産内祝いのメッセージカードやお礼状の書き方の基本や注意点、メッセージカードの選び方、実際の例文に至るまで出産内祝いのメッセージを書くときに役立つ情報をご紹介します。

おしゃれでおすすめな出産内祝いギフトをご紹介のサムネイル

おしゃれでおすすめな出産内祝いギフトをご紹介

赤ちゃんの誕生を祝ってくださった方々に感謝の気持ちを伝える出産内祝い。赤ちゃんの命名を披露する何よりの機会にもなります。「おしゃれだね」「センスがいいね」と喜んでもらえるような贈り物を選びたいものです。

チェックしておきたい出産内祝いの基本のサムネイル

チェックしておきたい出産内祝いの基本

出産内祝いは、赤ちゃんの誕生を祝ってくれた方々にお礼の気持ちを伝えるのはもちろん、赤ちゃんを紹介する大切な機会です。マナーを踏まえ喜んでもらえる出産内祝いになるようにしましょう。

出産内祝いの「のし(熨斗)」、書き方やかけ方はどうすればいい?のサムネイル

出産内祝いの「のし(熨斗)」、書き方やかけ方はどうすればいい?

「のし(のし紙)」には多くの種類があり、「水引」という飾りひもの色や結び方にもさまざまな種類があります。それぞれに意味があり、使い方を間違えてしまうと先様に失礼なことになってしまう場合も。名前の書き方などにも作法がありますので、作法にのっとって書きましょう。

兄弟・姉妹に贈る出産祝いの相場と注意点 のサムネイル

兄弟・姉妹に贈る出産祝いの相場と注意点

幼いころから一緒だった兄弟・姉妹に赤ちゃんが生まれると、自分のことのようにうれしいものです。その気持ちをこめて出産祝いを贈りたいところですが、初めてのことだとわからないことだらけですよね。ここでは兄弟・姉妹に出産祝いを贈る場合のマナーや金額相場、注意点などを詳しくまとめました。

出産内祝いの相場をチェック!のサムネイル

出産内祝いの相場をチェック!

自分の大切な子どもの誕生を祝ってくださった方には、本当に喜んでいただける内祝いをお贈りしたいもの。しかし、贈る相手によって金額相場が異なってきますので注意が必要です。一般的な金額相場やポイントを押さえ、相手に喜ばれる出産内祝いとしましょう。

親に贈る出産内祝いに悩んでいるなら、これで決めてみては? のサムネイル

親に贈る出産内祝いに悩んでいるなら、これで決めてみては?

両親から多額の出産祝いをもらったものの、内祝いに何を贈ればいいか分からない。こんな悩みを持たれている方も多いようです。一定のマナーは押さえつつ喜んでもらえる出産内祝いを選ぶための基本をみていきましょう。