現金がいい?プレゼントがいい?兄弟・姉妹に贈る出産祝いの相場と注意点

幼いころから一緒だった兄弟・姉妹に赤ちゃんが生まれると、自分のことのようにうれしいものです。その気持ちをこめて出産祝いを贈りたいところですが、初めてのことだとわからないことだらけですよね。ここでは兄弟・姉妹に出産祝いを贈る場合のマナーや金額相場、注意点などを詳しくまとめました。

  1. このエントリーをはてなブックマークに追加

兄弟・姉妹に出産祝いを贈るときは

ひと口に出産祝いといっても、さまざまなスタイルがあります。まずは出産祝いの持つ意味合いを理解し、自分の兄弟・姉妹にどんな贈り物をするべきか考えてみましょう。

出産祝いとは

そもそも出産祝いには、3つの意味が込められています。赤ちゃんの誕生への祝福、無事に出産を終えたママへ「おつかれさま」というねぎらいの気持ち、そして新しい家族を迎えたパパ・ママへの祝福です。

出産祝いを贈る時期は、赤ちゃんの生後7日後~1ヵ月頃が目安。生後7日目には、ちょうど「お七夜」といって赤ちゃんの名前をお披露目するお祝いを、そして1ヵ月頃には、赤ちゃんの健やかな成長を願う「お宮参り」を行ないます。これら2つのイベントの間が、出産祝いを渡すベストタイミングと言われているのです。

ただし気をつけたいのが、贈る前に母子の健康と退院時期をきちんと確認すること。順調であれば産後5日~7日程度で退院できますが、状況によっては入院が長引いてしまうことがあります。

「きっともう退院した頃だろう」と出産祝いを郵送したけれど、実は赤ちゃんもママもまだ入院中だった……となったら大変失礼です。贈る時期の目安はあくまで参考に、母子ともに無事に退院できたことを確認してから贈りましょう。

どっちがいい?現金 or プレゼント

兄弟・姉妹への出産祝いを現金にするかプレゼントにするかは悩むところ。ですが、ズバリ「現金」をおすすめします。現に兄弟・姉妹へは現金を贈るケースが圧倒的に多く、贈られた側からの反応を見ても大変喜ばれているからです。

特に初めての出産であればベビー用品を一から買いそろえる必要があり、何かとお金がかかるもの。また、どんなものが必要かわからないことも多く、そのときどきに必要なものを買い足していくことになるでしょう。つまり、しばらく物入りな状態が続くため、現金のお祝いはとっても助かるのです。

とはいえ現金のお祝いをいただくチャンスは、あまりないのが現実。友人や会社関係、親戚からはギフトをいただくケースが多いため、現金は親か兄弟・姉妹か……といったところです。ですから、ぜひ兄弟・姉妹へは「好きに使ってね」と現金を贈ることをおすすめします。

もしも「現金だけではちょっと味気ない」「せっかくだからプレゼントを選びたい」という場合は、「現金+プレゼント」にしてみては?相手により一層気持ちが伝わるだけでなく、自分が選んだプレゼントを身につけたり使ってくれたりするのを見て、また幸せな気持ちに浸れます。

兄弟・姉妹に贈る出産祝いの相場

兄弟・姉妹に現金を贈る際、気になるのが「包む金額」について。いくら仲の良い兄弟・姉妹でも高額すぎるお祝いは相手が戸惑ってしまいますし、逆に少なすぎると「なぜ?」と不穏な空気に……。以下でご紹介する一般的な金額相場をチェックし、それを目安に包むようにしましょう。

一般的な出産祝いの相場

まず兄弟・姉妹以外の相手(友人や親戚、会社関係など)には、5,000円~10,000円程度が相場です。それに対して兄弟・姉妹への出産祝いの相場は、5,000円~30,000円程度。やはり家族ですから、他に比べて多く包むのが基本となっています。

しかし「5,000円~30,000円」と金額にかなり開きがありますよね。これはなぜかというと、兄弟・姉妹でも贈る相手との関係や贈る側の年代次第で金額相場が異なるからです。

贈る相手別・贈る側の年齢別の相場

では具体的にどのように違うのでしょうか。以下に具体的な例を挙げながらご説明しましょう。

兄弟の妻が出産した場合

5,000円~10,000円くらいが相場。ただし、相手が年下の兄弟で贈る側が既婚の場合は、30,000円程度包むケースも多く見られます。逆に贈る側が未婚で学生などの場合、3,000円と少ない金額でも問題ありません。

姉妹が出産した場合

兄弟の妻の場合と同様に5,000円~10,000円が相場。ですが、実の姉妹ということで20,000円と多めに包むケースも多いようです。

「20,000円のように偶数は縁起が悪いのでは?」と思われるかもしれませんが、出産祝いの場合はOK。結婚祝いなど婚礼に関するお祝いの場合に、「偶数=割れる=別れる」とイメージされるのが好ましくないとされているのです。

贈る側が20代独身の場合

5,000円が相場。現金にこだわらず、ギフトや商品券を贈ってもよいでしょう。とはいえ20代後半で年収もしっかりあるという場合には、最低でも10,000円は包んでおきたいところです。

贈る側が30代以上、または既婚の場合

10,000円~30,000円が相場。もう少し細かくいえば、贈る側が30代以上で未婚、あるいは20代でも既婚の場合は10,000円程度、贈る側が30代以上で既婚の場合は30,000円が一般的です。

このように、贈る相手との関係性や贈る側の年代などによって相場が異なりますが、上記金額はあくまで目安。家族や親戚間でルールを設けているケースもあるため、迷ったら周囲と相談して決めましょう。

兄弟への出産祝いで気を付けておきたいこととは?

兄弟・姉妹への出産祝いは、友人や会社関係などに贈る場合に比べて「気を遣わなくて済む」イメージがありますよね。しかし、身内だからこそ気を付けるべきポイントもあります。

兄弟・姉妹への出産祝いの注意点

まずはお祝い金の額に関する注意点。家族で合算して包む場合は高額になりがちですが、その際に気をつけたいのが「4」や「9」の数字。死や苦をイメージさせる不吉な数字と言われているため、40,000円・90,000円は避けるようにしましょう。

そして、高額すぎる額もNGです。身内に赤ちゃんが生まれると喜びもひとしおで、つい多く包みたくなってしまうもの。しかし100,000円など高額すぎるお祝い金はかえって気を遣わせてしまい、お返しも悩ませてしまいます。もしも多く渡して助けになってあげたいのであれば、金額は相場に合わせて「お返しは不要だよ」と声をかける方がスマートと言えるでしょう。

また、ギフトを贈る場合も、身内とはいえきちんとマナーを守ることが大切。贈り物としてタブーとされているもの(別れを連想させるハンカチ、縁を切るという意味を持つ刃物など)は避け、実用的なものを選ぶと喜ばれます。

品物選びに迷ったら、兄弟・姉妹だからこそ「何が欲しい?」と直接聞いてみましょう。本当に欲しいものをプレゼントできるのは身内ならではですね。

赤ちゃんが双子の場合

赤ちゃんが双子の場合は、2人分の出産祝いを贈るのがマナーと言われています。つまり、1人につき10,000円の計算であれば合わせて20,000円です。このときも「4」や「9」の数字は避けて金額を決めることが重要なポイント。

そして現金以外を贈る場合も、2人分が基本です。色違いのベビーウェアやシューズなど、お揃いで身につけられるものが喜ばれる傾向にあります。

2人目以降の場合

2人目以降の出産祝いは、1人目の時と同額にしましょう。これは兄弟・姉妹に限らず、全般的なマナーです。いくら身内とはいえ1人目や2人目、3人目で金額の差をつけてしまうと、失礼に当たります。

まとめ

甥っ子や姪っ子は、特別可愛いものです。ぜひここでご紹介したマナーや相場を参考に、兄弟・姉妹が喜ぶ出産祝いを贈りましょう。そしてお祝いを渡す際にはぜひ、心からの「おめでとう」を伝えてあげてくださいね。

内祝いおすすめランキング

1,000円〜6,000円商品ランキング

その他の商品をもっと見る

特集からさがす

カテゴリから探す

関連記事