出産祝いの金額相場に決まりはある?知っておくべきマナーと適切な金額

「いくら包む?」「いつ渡す?」「新札じゃなきゃダメ?」……などなど、わからないことの多い出産祝い。せっかく贈り物をするのですから、失礼のないように気持ちよく行ないたいものです。正しいマナーをしっかり押さえて、心のこもったお祝いをしましょう。

  1. このエントリーをはてなブックマークに追加

出産祝いのマナーをおさらい

まずは、出産祝いとして現金を贈る場合の基本マナーからチェック!これだけは知っておきたい4つのポイントをまとめました。

お金は「新札」を用意!

出産祝いで包むお金は、新札がベスト。出産祝いに限らず、お祝いごとには新しいお札を用意するのが基本マナーです。というのも、新札はいつでもお財布に入っているわけではないため「あなたのお祝いのために事前に準備しておきました」という心遣いを間接的に伝えられるからです。

逆に香典や病気お見舞いに対しては「準備しておきました」と伝えるのが大変失礼になるため、新札ではなく古いお札を包みます。出産祝いに古いお札を包んでしまうと「常識のない人」「心遣いのできない人」と思われてしまう可能性があるため、必ず「新札」を用意しましょう。ちなみに古いお札を銀行や郵便局に持っていくと、新札に交換してもらえます。

ご祝儀袋の書き方

出産祝いを渡すときは「紅白で蝶結びの水引」のご祝儀袋を使います。袋の表側には「祝 ご出産」や「御出産御祝」などと綴りましょう。お祝いごとに広く使われる「御祝」でもOKです。気をつけたいのが、4文字の塊にならないようにすること。「死文字」と言われてお祝いごとには良くないとされています。

贈り主の名前は、蝶結びの水引の下に記入します。3名までは連名で書き、3名以上であれば代表者の名前+その左側に「外一同」と添えて、全員の名前を別紙に書いて中包みに入れましょう。

中包みの表面中央には「金 壱萬円」のように、金額を旧字体で記載します。そして裏面の左端に、住所と名前を書き入れるのが基本です。

なお、ご祝儀袋に書く際は「毛筆」または「筆ペン」を使うのが鉄則。ボールペンや鉛筆はNGです。また、出産祝いのようにおめでたいシーンでは「濃い」墨の色を用います。薄い墨はお葬式などの法事に使われるため、間違っても薄い墨で書かないように注意しましょう。

お札の向きにも注意

ご祝儀袋に入れるお札の向きにもマナーがあります。ご祝儀袋の中袋の表とお札の表(肖像画が描かれている方)を合わせて入れましょう。これを逆に入れてしまう残念なケースが多いため、間違えないように注意が必要です。

渡すタイミング

出産祝いは、赤ちゃんとママが退院して落ち着いた頃の、生後10日~1ヵ月頃に渡すのがベストタイミング。なぜこの時期かというと、生後7日目には「お七夜」と呼ばれる命名のイベントを、そして生後1ヵ月後頃には氏神神社への「お宮参り」が行なわれるため、これら2つの節目の間がお祝いを渡すのにちょうど良いとされているのです。

もちろん、赤ちゃんとママの体調に合わせるのが一番。出産の報告を受けたらさりげなく体調や状況をうかがって、渡すタイミングを見計らうことをおすすめします。

出産祝いの相場は贈る相手による

現金を贈る際に最も気になるのが「金額」ではないでしょうか。ズバリ、出産祝いの相場は贈る相手によって変わります。ここでは、贈る相手別の相場を把握しておきましょう。

出産祝いの相場、金額の決め方

まず、親から子への出産祝いには、金額のルールはありません。それぞれの家庭によって異なり、親が思う金額がベストと言えます。それ以外の間柄の場合は、下記のような金額を贈るのが一般的です。

兄弟・姉妹の場合

10,000円~30,000円が相場。普段あまり交流のない兄弟・姉妹でも、この程度は包んできちんとお祝いしましょう。

親戚(いとこ・甥・姪・孫など)の場合

3,000円~5,000円が相場。ただし、普段のお付き合いによって前後します。疎遠でほとんど交流がない親戚の場合は、無理に渡さなくても問題ないでしょう。逆に親しい仲で頻繁に交流がある場合は、もっとたくさん包んでもいいかもしれません。

友人の場合

5,000円~10,000円が相場。何人か集まって連名で贈る場合は、相手に気を遣わせてしまうような高額にならないように注意しましょう。また、金額が大きくなる場合は40,000円と90,000円はNG。「死」や「苦」を連想させる縁起の悪い金額だからです。

会社関係(上司・同僚・部下)の場合

1人につき500円~1,000円程度出し合い、部署などでまとめて贈るスタイルが一般的。ただし、個人的に親しい相手に贈る場合は、上司なら5,000円~10,000円、同僚や部下なら3,000円~5,000円程度が相場です。

贈り主の年代・状況によっても異なる

贈る相手との間柄によって相場が異なることをお伝えしましたが、贈り主が20代の場合はさらに相場感覚が違うため要注意。特に兄弟・姉妹への金額が大きく変わります。

例えば贈り主が20代で兄弟・姉妹に贈る場合の金額相場は10,000円、30代では独身なら10,000円、既婚なら30,000円が目安です。また、贈り主が学生の場合は5,000円程度で十分。現金にこだわらず、3,000円程度のプレゼントを贈るというのもいいでしょう。

このように、贈り主の年代や状況によってもふさわしい金額は変わってきます。相場はあくまで目安として考え、関係性に合った適切な金額を贈るようにしましょう。

出産祝いのおすすめアイテム

なかには「現金だと味気ないかな」と考える人も多いでしょう。それなら出産祝いの品物を贈るのも素敵なアイデアです。ここでは、喜ばれる出産祝いを選ぶポイントをご紹介します。

出産祝いを贈る相手は、自分にとって大切な人。だからこそその人の趣味や好みを考えて、喜ばれる贈り物をしましょう。そして上記でご紹介した相場を目安に予算を立て、その範囲内で選ぶことがポイントです。

いくら相手が喜びそうだからといって、相場よりもはるかに高額な贈り物をするのはNG。気を遣わせてしまったり、お返しが大変になったりと相手に負担をかけてしまいます。

趣味や好みは人それぞれですが、以下の品物を出産祝いにプレゼントすると喜ばれる傾向にあります。

タオル

赤ちゃんのお世話で毎日使うタオルは、出産祝いに最適。選ぶなら肌に優しいオーガニック素材がおすすめです。赤ちゃんの名入れをオーダーできるタオルも人気で、世界に1つだけの特別な贈り物として大変喜ばれることでしょう。

おむつやおしりふきなどの消耗品

おむつやおしりふきといった消耗品は、あればあるほど助かるアイテム。なかにはお肌がデリケートな赤ちゃんもいるため、素材に注目して選びましょう。プレゼントとしてはちょっと素っ気ないと感じる場合は、見た目が華やかなおむつケーキがおすすめです。

スタイ

最近は、スタイをアクセントにしたベビーファッションが大人気!特におしゃれブランドやオーガニック素材のものが喜ばれています。赤ちゃんが男の子か女の子かきちんと確認した上で、パパママの好みに合いそうなものをチョイスしましょう。

迷ったら「ギフトセット」もおすすめ

何にしようか悩んだときは、ギフトセットはいかがでしょうか?タオルやバスグッズ、グルメ、カタログ式ギフトなどがさまざまな組み合わせでセットになっています。失敗が少なく、迷ったときにおすすめです。

ギフトセットはこちらから

まとめ

赤ちゃんの誕生を祝福する気持ちを伝える「出産祝い」。マナー違反によってその気持ちが台無しになることがないように、金額や渡し方といった基本マナーをきちんと守って出産祝いを贈りましょう。

内祝いおすすめランキング

1,000円〜5,999円商品ランキング

その他の商品をもっと見る

特集からさがす

カテゴリから探す

関連記事