喜ばれるプレゼントを贈るには?出産祝いのマナーと選び方

何を贈ろう?いつ渡そう?などなど、何かと悩んでしまいがちな「出産祝い」。せっかくなら正しいマナーを踏まえつつ、確実に喜ばれるプレゼントを贈りましょう。ここでは、スマートに出産祝いを贈るポイントをご紹介します。

  1. このエントリーをはてなブックマークに追加

出産祝いを贈るときのマナー

赤ちゃんの誕生を祝う出産祝いは、とても大切な贈りもの。だからこそ、マナーはしっかり押さえておきたいですよね。贈る時期や渡し方、タブーとされるものなど、出産祝いの基本マナーをチェックしておきましょう。

贈る時期は「産後1週間~1ヵ月の間」がベスト

生後7日目には「お七夜」と呼ばれる命名のお祝いが行なわれ、生後1ヵ月頃には「お宮参り」という健康祈願のお参りが行なわれます。出産祝いを贈る時期としては、この2つの節目の間、赤ちゃんが生まれて1週間~1ヵ月の間が最適と言われています。

さらに贈る前に、赤ちゃんやママの産後の体調や状況をさりげなく伺う配慮があるとバッチリ!

わたし方は「自宅に郵送」が基本。のしやラッピングは間柄次第

産後は、赤ちゃんもママもデリケートな時期。身内以外は直接会って手渡すことは控えて、自宅に郵送するのが望ましいでしょう。メッセージカードを添えてあげると、よりお祝いの気持ちが伝わりやすくなりますよ。

もしどうしても手渡ししたい場合は、衛生面に気をつけ、長居は避けるなどの配慮を心がけて。

出産祝いの品物には、「御出産御祝」や「御祝」と書かれた蝶結びののし紙をかけて贈るのが正式なマナー。でも、友人や兄弟などフランクな間柄の場合は、のし紙をつけないカジュアルなラッピングのみでもOKです。贈る相手との関係によって、より適した方法を選びましょう。

要注意!贈ってはいけないギフトやタブーな言葉

出産祝いでNGな品物は基本的にナシ。ただし、出産祝いに限らずふさわしくないギフトはあります。

例えば、日本茶。弔事で用いられることが多いため、お祝いごとには避けた方が無難です。そして「縁を切る」という意味を持つ刃物類、「別れ」を連想させるハンカチ(タオルはOK!)も、出産祝いには選ばないようにしましょう。

そしてメッセージを添える際には、縁起の良くない言葉を使っていないか注意することが大切です。例えば「きる」「たえる」「おわる」「なくなる」というような、苦しみや不幸を連想させてしまう言葉は使わないようにします。

また、「やっとママになれたね!」「産休中は仕事が休めてうらやましい!」といったメッセージは、産後でナーバスなママの心を傷つけてしまうことも。かける言葉に気をつけて、相手がHAPPYになれるメッセージを添えることが大切です。

喜ばれるプレゼントの選び方

基本マナーを押さえたところで、続いてはいよいよプレゼント選び。金額の目安は?喜ばれるものってどんなもの?など、出産祝いを選ぶ際に気になるポイントをまとめました。

金額は、贈る人との間柄に合わせて

出産祝いのプレゼントは、相手の関係性に合わせて価格帯を決めるのが基本です。例えば兄弟・姉妹の場合は10,000~30,000円、親戚なら5,000円~10,000円、友人なら3,000円~10,000円が相場。これを目安に、普段のお付き合いを考慮して金額を決めるとよいでしょう。

ただし、いくら親密な間柄であるとはいえ高額すぎるものを贈るのはNG。恐縮させてしまったり、お返しが大変になったりと相手に負担をかけてしまう可能性があります。適切な範囲内でプレゼントを選びましょう。

喜ばれるのは「実用的なもの」

確実に喜ばれるのは、すぐに使える実用的なもの。特に赤ちゃん用タオルやおむつ、スキンケア用品などは毎日使うため、いくつあってもうれしいものです。そして消耗品であれば使ったあとの保管に困ることもなく、ママが大助かりのプレゼントと言えます。

「名入れギフト」は特別感アリ

赤ちゃんの名前を入れた名入れギフトも、喜ばれる出産祝いの定番。パパとママから赤ちゃんへ初めての贈り物である「名前」がギフトに刻印されていたら、もらった喜びもひとしおです。世界に1つだけの特別な品として、大切に愛用してもらうことができるでしょう。

とくに名入れタオルは、赤ちゃんが成長して幼稚園や保育園に通うときに重宝するといったメリットも。わざわざ記名する必要なくすぐに持たせられるため、喜ぶママが多いようです。

名入れはこちらから

迷ったら「カタログ式ギフト」がおすすめ

「相手の好みやセンスに合わせるのが難しい……」そんなときは、カタログ式ギフトがおすすめです。相手が欲しいものを自分で選べることが最大のメリット。選ぶ楽しみをプレゼントできますよ。

カタログ式ギフトはこちらから

出産祝いに贈るプレゼントの人気ランキング

出産祝いは、具体的にどのようなものが人気なのか? 実用性バッチリで、パパもママも笑顔になれる、ゼクシィ内祝いで人気のプレゼントTOP5を紹介します。

5位:おむつケーキ

おむつを使ってデコレーションケーキのように形作った「おむつケーキ」は、実用性と見た目の可愛らしさを兼ね備えたおしゃれギフト。とっても華やかにデコレーションされていて、出産祝いのプレゼントにぴったりです。

気をつけたいのが、おむつのサイズ選び。新生児サイズは本人たちがたくさん用意しているケースが多いため、生後3ヵ月頃から使えるMサイズがおすすめです。また、おむつの素材も要チェック。かぶれる心配の少ないオーガニック素材のものを選ぶと間違いないでしょう。

4位:バスポンチョ

バスポンチョとは、お風呂上がりに赤ちゃんを湯冷めから守ってくれる赤ちゃん用バスローブのこと。首元のスナップボタンを留めるだけで簡単に着せることができ、大きくなってからもバスタオルとして使えるので、メリットがたくさん。

服のように、サイズや季節、デザインの好みなどを考える必要がなく、長く使ってもらうことができるので、選びやすさも人気です。

バスポンチョはこちらから

3位:スタイ

スタイは、友人への出産祝いに大人気!特に注目を集めているのがオーガニック素材のもので、「手触りがイイ!」「デザインがカワイイ!」と芸能人ママや海外セレブたちの間で話題沸騰中です。

上質なスタイは少々高額で自分では手を出しにくいため、プレゼントすると感激してもらえます。よだれかけとしての用途だけでなく、お出かけスタイルのアクセントにもなるため、デザイン性の高いものを選ぶとより喜ばれますよ。

2位:カタログ式ギフト

育児に役立つおしゃれアイテムがたくさん掲載されていて、パラパラと見ているだけでも気分転換になる!と喜ぶママが多いのが、ベビー用品に特化したカタログ式ギフト。

また、最近は+αの機能がついたカタログ式ギフトも大人気。商品を選んだあとに写真を入れてアルバムとして使えたり、絵本仕立てになっていて付属のクーピーで塗り絵ができたり…などなど、多機能でいろいろ楽しめるタイプがトレンドになっています。

カタログ式ギフトはこちらから

1位:フォトフレーム

赤ちゃん時期の思い出を飾っておくことができるフォトフレームは、出産祝いに最適です!最近はデザインにこだわったおしゃれなものが多く、普段あまり写真を撮らない人でもインテリアとして飾りたくなるほど。使わずに無駄になってしまう心配がなく、確実に喜ばれるプレゼントです。

たくさん種類があるなかで特に人気なのが、12ヵ月フォトフレーム。1歳までの記録を写真で残すことができ、素敵な思い出になります。他にも、手型足型を残せるタイプ、身長計とセットになったタイプも大好評。なかには、出生日や体重を刻印できるものも。特別感が増してより一層喜ばれるでしょう。

まとめ

親しい人に赤ちゃんが生まれると、自分のことのようにうれしい気持ちになりますよね。出産祝いはその「お祝いの気持ち」を贈るもの。贈るタイミング、どんなものが喜ばれるかなど、贈る相手の状況や好みを最優先に考えましょう。

ここでご紹介したポイントを参考に、あなたの気持ちが伝わる「出産祝い」を選んでみてくださいね。

内祝いおすすめランキング

1,000円〜5,999円商品ランキング

その他の商品をもっと見る

特集からさがす

カテゴリから探す

関連記事