出産内祝いの「のし」、書き方やかけ方はどうすればいい?

出産内祝いの「のし」、書き方やかけ方はどうすればいい?

「のし(のし紙)」には多くの種類があり、「水引」という飾りひもの色や結び方にもさまざまな種類があります。それぞれに意味があり、使い方を間違えてしまうと先様に失礼なことになってしまう場合も。名前の書き方などにも作法がありますので、作法にのっとって書きましょう。

出産内祝いの「のし」の書き方

出産内祝いは、出産の喜びやお祝いの品をいただいたことへの感謝の気持ちを表す贈り物です。当然、のしや水引の使い方にもマナーがあります。贈り物と一緒に感謝の気持ちを先様に伝えることができるようにここでマナーを見ていきましょう。

表書き(のし上・のし下)

のしと水引が入ったものをのし紙と言いますが、のしという場合には一般的にのし紙のことを指します。のしには名称があり、贈り物の意味を表す「のし上」は「表書き」とも言い、「水引」から上側の部分です。出産祝いへのお返しの場合、「出産内祝」や「内祝」と書きます。

「のし下」は「名入れ」とも言い、「水引」から下側部分です。出産内祝いの場合、基本的に赤ちゃんの名前を書きます。赤ちゃんの名前が読みにくい場合には読み仮名をつけましょう。

のし下に赤ちゃんの名前を書く理由

のし下に赤ちゃんの名前を書くのは、赤ちゃんからお祝いをいただいた方々へ感謝の気持ちを伝える初めての贈り物という意味があるためです。「赤ちゃんの名前をお披露目します」という意味も込められています。

出産内祝いの水引はどうすればいい?

お祝いの「水引」には結び方や色にも意味が込められており、用途によって使い分ける必要があります。「水引」の意味をしっかりと押さえて、正しい水引を選べるようになりましょう。

出産内祝いの水引が蝶結びのわけ

水引は贈り物を包装する紙にかける紙ひものことを指し、最近は、のしや水引がのし紙に印刷されています。水引の結び方は「蝶結び」と「結び切り」に大別され、出産内祝いでは紅白の「蝶結び」の水引を使うのが一般的。出産は何回あってもうれしいお祝い事です。「蝶結び」は、結んでほどいてまた結び直すことができますから、「またありますように」との願いが込められています。お祝い事の場合、水引の本数は5本が一般的ですが、より丁寧に対応したいというときには7本を選びましょう。

出産内祝いは「内のし」で

包装紙の内側にのしをかけるか、外側にかけるか。それが「内のし」「外のし」の違いです。出産内祝いは内のしでお贈りします。

出産内祝いが内のしのわけ

内祝いは返礼品ととらえられる場合がありますが、「自分のお祝い事をおすそ分けいたします」という意味が込められています。品物をお贈りする相手の慶事を祝うわけではありません。「自分の祝い事だから控えめにしたい」ということから、内のしとするのが一般的になっています。また、出産内祝いを直接お渡しするのが難しいこともあるでしょう。配送するときや運ぶ場合にのしが汚れたり、破れたりすることがないというメリットがあります。内のしは、贈答品に直接のしをかけて上から包装紙で包むようにしましょう。

出産内祝いののしに関する疑問点

赤ちゃんが双子の場合の表書きや、職場の部署からお祝いをいただいた場合への対応など、いろいろ気になることもあります。

双子の場合の表書き

双子の場合は、右の方に先に生まれた赤ちゃんの名前を、左の方に後から生まれた赤ちゃんの名前を書きます。三つ子以上の場合も右から左の順で書くのが一般的です。

職場に贈る内祝いののし

職場の上司や同僚から個人でいただいた場合は、一般的な表書きで直接手渡ししたり、ご自宅に送ったりすれば問題ありません。一方、職場の部署からいただいた場合は少し形式が変わります。職場へのお返しに「赤ちゃんの名前まで書くのはいかがか」という場合は姓だけでも大丈夫です。赤ちゃんの名前を入れた命名札を添える場合も姓だけでかまいません。

のしを間違えた場合

書き間違いや水引の間違いなどはあってはならないことですが、業者に任せると、まれに起きてしまうことがあるようです。そんな場合は、業者に対応を取るように求めましょう。

出産内祝いは赤ちゃんが主役

出産内祝いは赤ちゃんが主役です。のしの水引の上には「出産内祝」や「内祝」と書き、水引の下に赤ちゃんの名前を書きましょう。授かった赤ちゃんをお披露目し、喜びを多くの人と共有したいという意味があります。また生まれきたばかりの赤ちゃんが初めて「ありがとう」という感謝の気持ちを多くの人に伝える場ともなります。出産内祝いののしには、そうした意味が込められていることをしっかりと理解しておきましょう。

おすすめ内祝い関連情報はこちら

意外と知らない!結婚内祝いの、のしの書き方マナーとは?のサムネイル

意外と知らない!結婚内祝いの、のしの書き方マナーとは?

結婚祝いをいただいたら、そのお礼として「結婚内祝い」を贈りましょう。その際事前にチェックしておきたいのが、のしの書き方やマナーについて。品物を贈ったあとに「アレで大丈夫だったかな?」と不安になることがないように、しっかり基礎知識を学んでおくことがポイントです。

感謝の気持ちを込めたお返しをするために|出産祝いのお返しの基本のサムネイル

感謝の気持ちを込めたお返しをするために|出産祝いのお返しの基本

赤ちゃんの誕生を祝福する出産祝い。そのお返しは、感謝の気持ちを込めて贈りたいものです。出産後はさまざまなイベントが続き忙しいですが、お返しが遅れてしまうことは避けたいですね。妊娠中から準備して、気持ちよくお返しができるようにしましょう。

チェックしておきたい出産内祝いの基本のサムネイル

チェックしておきたい出産内祝いの基本

出産内祝いは、赤ちゃんの誕生を祝ってくれた方々にお礼の気持ちを伝えるのはもちろん、赤ちゃんを紹介する大切な機会です。マナーを踏まえ喜んでもらえる出産内祝いになるようにしましょう。

内祝いに必要な「のし(熨斗)」とは?のしのマナーをご紹介のサムネイル

内祝いに必要な「のし(熨斗)」とは?のしのマナーをご紹介

「のし(熨斗)」というと、「贈答品などを包む用紙」をイメージする方が多いかもしれません。「のし」そのものは、「のし紙」の右上に描かれている飾りの中の黄色い部分。のしが「のし紙」に描かれているのにはもちろん理由がありますし、「のし紙」の「水引(飾り紐)」とその結び方、色にも意味があり、用途によっても使い方やマナーはさまざまです。のしの使い方やマナーについて見ていきましょう。

のしなしの内祝いはあり? のし(熨斗)のマナーをご紹介 のサムネイル

のしなしの内祝いはあり? のし(熨斗)のマナーをご紹介

お祝いのプレゼントをいただくと、カジュアルなケースではラッピングにリボンがかかっていることがあると思います。内祝いの場合、果たしてのしは必要ないのか確認していきましょう。

出産内祝いの命名札とは?のサムネイル

出産内祝いの命名札とは?

赤ちゃんの名前のお披露目を兼ねて出産内祝いに添える命名札。日本古来より伝わるものだからこそ、マナーや準備など「どうしたらよいの?」と不安になる人も多いはず。しっかり基礎情報を押さえて進めていきましょう!