内祝いに必要な「のし(熨斗)」とは? のしのマナーをご紹介

内祝いに必要な「のし(熨斗)」とは? のしのマナーをご紹介

「のし(熨斗)」というと、「贈答品などを包む用紙」をイメージする方が多いかもしれません。「のし」そのものは、「のし紙」の右上に描かれている飾りの中の黄色い部分。のしが「のし紙」に描かれているのにはもちろん理由がありますし、「のし紙」の「水引(飾り紐)」とその結び方、色にも意味があり、用途によっても使い方やマナーはさまざまです。のしの使い方やマナーについて見ていきましょう。

のし(熨斗)とは?

のしとは、細く薄く切ったアワビを、叩いて伸ばし乾燥させた保存食のこと。のし紙の右上に付いている飾りの中にある小さな黄色いものが「のし」です。栄養豊富な「のし」はかつて貴重なものでした。このため、縁起物や長寿の象徴として祝い事の贈り物などに添えられ、現在に至って「のし紙」や「のし袋」に描かれるようになりました。

のし紙との違い

「のし紙」は、「のし」そのものを贈り物に添える行為を簡略化したものです。「のし紙」には「水引」も描かれていますが、「水引」は色や結び方で使う場面が変わってくるため、さまざまな種類があります。

のしには必須の「水引」について

「水引」とは、紙を紐状にして糊で固めた飾り紐のことです。染める際には、紐状の紙(紙縒り)を着色した水に浸し、引きながら染めたので「水引」と言われるようになりました。そして、「水を引いた後は清々しくなる」ことから、贈答品などに使われています。

「水引」の結びは大きく分けて2種類あります。何度祝ってもよいケース、例えば出産や七五三、お子様のご入学やお歳暮、お中元などに使われる蝶結び(花結び)と、一度だけの方がよい、結婚や快気祝いなどで使われる結び切りです。

「水引」の本数は5本が基本。3本結びは簡素化したもの、7本結びは丁寧にしたものです。婚礼関係では10本結びを使い、5本の「水引」を2つ束ねたもので、豪華さとともに十分に満ちたりているという意味が込められています。慶事の場合は「赤白」や「金銀」「赤金」など、弔事の場合は「白黒」や「黄白」などが一般的です。

蝶結び(花結び)

蝶結び(花結び)は、出産など何度あってもよい祝い事に使われ、「解いて結び直せるため」と言われています。関東ではこの結びがよく使われていますが、関西では「あわじ結び」が一般的です。

結び切り

結び切りは、「繰り返すことのないように」という意味や「一度で終わる」との願いから固く結ばれているため、簡単には解くことができない結び方です。弔事やお見舞いなどで使われますが、慶事の婚礼においても使われます。

あわじ結び

あわじ結びは、結び切りの1種です。結婚式や快気祝いなど一度だけのお祝いごとに使うもので、関西では「結び切り」よりも「あわじ結び」がよく使われます。

梅結び

梅結びは、硬く結ばれて簡単にはほどけないことから、特に婚礼などで用いられることが多い結びです。梅にお祝いのイメージがあることも梅結びが好まれる理由です。

のしのかけ方

「内のしと外のし、どちらになさいますか」。そんなことを尋ねられて戸惑った経験があるかもしれません。内のし・外のしが普及し始めたのは、贈答品を宅配便などで配送するようになってからのことです。厳密な決まりはありませんが、「目立った方がよいかどうか」や「手渡しなのか、配送なのか」を基準にして使い分けられています。

内のし

内のしは、主に内祝いで使われるかけ方で、贈答品に直接「のし紙」をかけて上から包装紙で包みます。「のし紙」が包装紙に隠れる「内のし」は、控えめな印象を与えるため、内祝いに適切とされています。弔事の場合も「内のし」が一般的です。「また、内祝いに限らず配送の場合は「のし紙」の破損が懸念されますので、「内のし」が適しています。

外のし

外のしは、包装紙の上から「のし紙」をかけます。手渡しする場合、贈答品の目的や贈り主がすぐにわかった方がよい場合に使われることが一般的です。例えば、引っ越しや年賀などのあいさつでよく使われます。多くの贈り物が同時に届く結婚・出産祝い、弔事であっても法事では「外のし」がよいでしょう。

内祝いののしに関する注意点

結婚内祝いにもかかわらず「蝶結び」で贈ってしまうと、「(離婚して)もう一度結婚するよ」という意味にとられかねません。同様に、出産内祝いで「結び切り」なら「もう子どもはいらない」という意味にとられる可能性があります。内祝いは感謝の気持ちを伝えるものです。こうした誤りが起きないよう注意しましょう。

のしを書く際に使用するペン

のしに表書きなどを書く際は、黒墨の毛筆を使うのが本来のあり方です。ボールペンは使えませんが、最近では筆ペンやサインペンなどで書かれることも多くなりました。ただ、重要な贈り物や目上の方には毛筆、最低でも筆ペンで書くことが望ましいでしょう。

のしにリボンはかけてはいけない

水引は、いわば「和製リボン」です。このため、「のし紙」をかけているのにリボンをすることはありません。

のしを間違えた場合

「内祝いの発送を業者にお願いしたら、出産内祝いで赤ちゃんの名前を間違えられた」「仏事などに使う黒と白の結び切りの『のし紙』を使われた」。ごくまれにこんなこともあるようです。もしこうしたことが起こったのなら、赤ちゃんの名前を間違えたことに対する謝罪とともに正しい名前を伝えてもらうなど、発送した業者に何らかの対応をしてもらえないか相談しましょう。

場面別 のしの選び方・書き方

結婚や出産、七五三、病気の全快や長寿の喜びなど、さまざまな内祝いがあり、それぞれに水引の結びや表書きなどが決まっています。

結婚内祝いののし 

水引は白赤または金銀10本で、一度結んだらほどけない「結び切り」を使いましょう。表書きは「内祝」「寿」などとし、下段に本人たち2人それぞれの家の姓、または結婚後の姓を書きます。

出産内祝いののし

何度あっても嬉しい祝いごとなので、水引は紅白の「蝶結び」。表書きは「内祝」で、下段に赤ちゃんの名前を書きます。読み方が難しい場合には、読み仮名をつけましょう。

快気内祝いののし

病気が治ったお祝い事なので、水引は紅白の「結び切り」を使います。表書きは「快気内祝」だけでなく「快気祝」も使い、下段には本人の姓または氏名を書きましょう。

新築内祝いののし

新築内祝いののしは、水引は紅白もしくは金銀の蝶結びを使います。表書きは「新築内祝」や「内祝」、下段に送り主の姓を書きましょう。二世帯住宅などで、姓が複数ある場合は連名にし、親の姓を右側に書くようにします。

七五三内祝いののし

七五三内祝いののしは、水引は紅白の蝶結びで、表書きは「内祝」、下段には子ども本人の名前を書きます。

米寿内祝いののし

水引は白赤の蝶結びを使います。表書きは「内祝」、下段に本人の名前を書き、右肩に米寿と記します。

間違いやすい水引はしっかりチェックを

お祝いに対する感謝の気持ちを伝える内祝い。だからこそ誤りのないようにしたいところですが、のし紙の「水引(飾り紐)」には結び方、色にも意味があり、とても間違いやすいものです。渡す前にチェックするなどして間違いのないよう気をつけましょう。

おすすめ内祝い関連情報はこちら

意外と知らない!結婚内祝いの、のしの書き方マナーとは?のサムネイル

意外と知らない!結婚内祝いの、のしの書き方マナーとは?

結婚祝いをいただいたら、そのお礼として「結婚内祝い」を贈りましょう。その際事前にチェックしておきたいのが、のしの書き方やマナーについて。品物を贈ったあとに「アレで大丈夫だったかな?」と不安になることがないように、しっかり基礎知識を学んでおくことがポイントです。

出産内祝いの「のし(熨斗)」、書き方やかけ方はどうすればいい?のサムネイル

出産内祝いの「のし(熨斗)」、書き方やかけ方はどうすればいい?

「のし(のし紙)」には多くの種類があり、「水引」という飾りひもの色や結び方にもさまざまな種類があります。それぞれに意味があり、使い方を間違えてしまうと先様に失礼なことになってしまう場合も。名前の書き方などにも作法がありますので、作法にのっとって書きましょう。

のしなしの内祝いはあり? のし(熨斗)のマナーをご紹介 のサムネイル

のしなしの内祝いはあり? のし(熨斗)のマナーをご紹介

お祝いのプレゼントをいただくと、カジュアルなケースではラッピングにリボンがかかっていることがあると思います。内祝いの場合、果たしてのしは必要ないのか確認していきましょう。

内祝いとは?内祝いの意味や種類、お返しとの違いのサムネイル

内祝いとは?内祝いの意味や種類、お返しとの違い

「内祝い」と聞いても、経験がなくピンとこない人が多いかもしれません。しかし結婚や出産といった節目に大きく関係してくるため、基礎知識をしっかり押さえておくことが大切。まずは内祝いの意味から紐解いていきましょう。

感謝の気持ちを込めたお返しをするために|出産祝いのお返しの基本のサムネイル

感謝の気持ちを込めたお返しをするために|出産祝いのお返しの基本

赤ちゃんの誕生を祝福する出産祝い。そのお返しは、感謝の気持ちを込めて贈りたいものです。出産後はさまざまなイベントが続き忙しいですが、お返しが遅れてしまうことは避けたいですね。妊娠中から準備して、気持ちよくお返しができるようにしましょう。

結婚祝いのお返しを気持ちよく贈るためのポイントのサムネイル

結婚祝いのお返しを気持ちよく贈るためのポイント

結婚式に新婚旅行、そして新居選び。結婚すると同時にさまざまなことを決めていかなければなりませんよね。結婚祝いのお返しもその1つです。結婚祝いのお返しを気持ちよく贈るために知っておきたい事柄を見ていきましょう。

チェックしておきたい出産内祝いの基本のサムネイル

チェックしておきたい出産内祝いの基本

出産内祝いは、赤ちゃんの誕生を祝ってくれた方々にお礼の気持ちを伝えるのはもちろん、赤ちゃんを紹介する大切な機会です。マナーを踏まえ喜んでもらえる出産内祝いになるようにしましょう。