意外と知らない!結婚内祝いの、のしの書き方マナーとは?

結婚祝いをいただいたら、そのお礼として「結婚内祝い」を贈りましょう。その際事前にチェックしておきたいのが、のしの書き方やマナーについて。品物を贈ったあとに「アレで大丈夫だったかな?」と不安になることがないように、しっかり基礎知識を学んでおくことがポイントです。

  1. このエントリーをはてなブックマークに追加

のしの役割とは? 種類や選び方

結婚内祝いに限らず、イベント時の贈り物には「のし紙」を掛けるのが基本です。では、そもそも「のし」とはどんなもので、どのような役割があるのでしょうか?種類や選び方も紹介します。

のしの役割

のし(熨斗)とは元来、あわびを薄く伸ばして干した「熨斗鮑(のしあわび)」のこと。あわびは元来、不老長寿の薬と言われて縁起物とされ、儀式用の肴(さかな)に用いられていました。それがのちに贈り物に添えるスタイルへと変化し、お祝いごとには欠かせないものとして好んで使われるようになったのです。

しかし熨斗鮑は大変貴重で手軽に入手できないため、次第に紙を折った「熨斗飾り」で代用する風習に変化していきます。その後さらに簡略化され、水引と熨斗が印刷された紙を贈り物に掛けるスタイルが一般的になりました。この紙のことを「のし紙」と呼び、それが袋状になったものを「のし袋」と言います。のし紙は贈るギフトに掛けて使われ、のし袋はお金や商品券などを贈る場合に使います。

のしの種類や選び方

主に使用されるのし紙の種類は、全部で4種類。使うシーンによって、選ぶべきのしが決まります。結婚内祝いにはどののしが適しているのか注目しながら見ていきましょう。

紅白蝶結び

「蝶結び=結び目を何度でも結び直せる」ことから、何度繰り返してもよいお祝いごとやお礼のシーンで使用されます。

(例)出産・入学・新築などのお祝いや内祝い、お中元やお歳暮、お礼

紅白または金銀結び切り(水引10本)

「結び切り=二度とほどけないほどかたい細(こま)結び」であることから、繰り返してはいけない慶事ごとに使われます。なかでも水引が10本のものは「婚礼」に関するシーンのみに用いられ、結婚内祝いに使われるのもこのタイプです。

(例)結婚祝い、引き出物、結婚内祝い

紅白結び切り(水引5本)

水引が5本のものは、「二度と繰り返してほしくない」という意味を込めてお見舞い関係に用いられます。

(例)病気お見舞い、快気祝い、快気内祝い

黒白結び切り/ 黄白結び切り

水引が黒白または黄白のものは、弔事ごとに使用されます。黄白は主に関西・北陸地方で、それ以外は黒白を用いるのがスタンダードです。

(例)御霊前や御供、引き出物、法事の御供やお返し

のしは基本的に品物を購入するお店に頼んで掛けてもらうため、使う用途を伝えればお店側が選んでくれます。のしを間違えるケースはほとんどないとは思いますが、自分できちんと種類や用途を覚えておくと、いざというときに安心です。

正しいのしの書き方

のしの種類がわかったところで、ここからは結婚内祝いののしの書き方をチェック。表書きや名前書きのルールを押さえておきましょう。

表書きの書き方

結婚内祝いには【紅白または金銀結び切り(水引10本)】ののしを選びますが、その水引の上に表書きを、下に名前を贈る人の名前を記入します。表書きとは「贈る目的」のことで、結婚内祝いの場合は「寿」または「内祝」と書くのが一般的です。

ちなみに、文字を書く際は「毛筆」や「筆ペン」を用いるのが基本。このとき濃い墨で書くことがポイントで、間違っても弔事用の薄い墨で書くことのないように注意しましょう。濃い色であっても、ボールペンや万年筆、鉛筆などはNGです。

また、文字が熨斗飾りや水引にかからないように注意。読みやすいよう丁寧に、楷書体で書くのが基本です。

名前の書き方

贈る人の名前の書き方には、いくつかのパターンがあります。

  1. 1.結婚後の新姓のみ
  2. 2.新郎新婦の名前のみ連名
  3. 3.新姓の下に新郎新婦の名前を連名
  4. 4.「○○家」「●●家」と両家を連名

名前は、表書きよりも少し小さめの文字で書きます。どの書き方にしようか迷った場合は、両親や目上の人に相談して決めるとよいでしょう。

旧姓を記入したい場合はどうする?

「新姓だと誰からの贈り物かわからないかも」「職場では引き続き旧姓で通すから……」と、のしに旧姓を記入したいケースもあるでしょう。しかし結婚内祝いののしには、現在の正式な本名である「新姓」を書くのが正しいルールです。

どうしても旧姓を記入したい場合には、配送伝票に旧姓で書いたり、メッセージカードに旧姓を添えたりと他の方法で旧姓を伝えるようにしましょう。

結婚内祝いに適したのしの掛け方

のしには「内のし」「外のし」と2種類の掛け方があり、結婚内祝いにはどちらの掛け方でもOKです。ただし渡し方によって適した掛け方が変わってくるため、場面に合わせて選ぶとよいでしょう。

内のし

ギフトにのしを掛けてから包装紙で包むスタイル。包装紙を開けないとのしが見えないため、控えめに贈り物をしたい場合に適していると言われています。内祝いは本来「いただいたお祝いへのお返し」ではなく「お祝いごとの報告や喜びのおすそ分け」という風習でした。そのため、内祝いには控えめな「内のし」が好んで使われています。

また、配送によって贈り物をする際にも「内のし」がベスト。内のしであれば、配送中にのしが乱れたり破れたりするのを防げるからです。最近は郵送で贈り物をするケースが多いため、そういった意味でも結婚内祝いには「内のし」が多く選ばれています。

外のし

ギフトを包装紙で包んでからのしを掛けるスタイル。ひと目で贈り物の目的や贈り主がわかるため、たくさんの贈り物が同時に届くことが予想される場合、あるいは並べて置かれる可能性がある場合などに用いられます。そして郵送ではなく直接渡す場合にも「外のし」を選ぶのが一般的です。

このように、郵送するのか、それとも直接手渡しするのかでのしの掛け方を選ぶことがポイントです。どちらの場合も品物だけポンと贈るのではなく「お礼状」を添えるのがベターです。お祝いをいただいたことへの感謝の気持ちが、より一層伝わります。

まとめ

結婚内祝いは、結婚をお祝いしてくださった人への感謝を伝える大切な贈り物。喜ばれる品物選びはもちろんですが、のしの選び方や書き方にも気をつけて、失礼のないようにすることが大切です。正しいマナーで心のこもった贈り物をしましょう。

内祝いおすすめランキング

1,000円〜5,999円商品ランキング

その他の商品をもっと見る

特集からさがす

カテゴリから探す

関連記事