毛利輝元が朝鮮の陶工を招いて御用窯として開窯したのが萩焼の始まり。見た目がやわらかい印象なだけでなく、口あたり、手触りも土の軟らかさが感じられる焼き物。

該当件数:4

並べ替え:人気順

  • タイル
  • リスト